芸能速報オンライン
検索フォーム

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
相互リンク集

 ┣ 気まぐれ適当NEWS
 ┣ ニュース一番
 ┣ 速報配信情報ブログ
 ┣ 話題NEWS厳選配信
 ┣ 注目ニュース最新
 ┣ ウェブ通信
 ┣ ブログ通信
 ┣ 知っトコ情報
 ┣ 速報ピックアップ
 ┣ 日本経済WEB
 ┣ 世界のエンタメ
 ┣ THE・ハイライト
 ┣ 注目してみた。
 ┣ 気になってみた。
 ┣ 気まぐれブログ
 ┣ 話題ニュース
 ┣ 知ってるコレ。
 ┣ ちょっと聞いてよ。
 ┣ お役立つ情報満載ブログ
 ┣ コレでなっとく情報blog
 ┣ ネット知るNEWSブログ
 ┣ 暮らし豊か通信は増刊号
 ┣ 社会通信情報ブログ
 ┣ 経済情報NEWSブログ
 ┣ お得NEWSブログ
 ┣ NEWS情報最前線
 ┣ ニュースWEB
 ┣ ニュース配信ブログ
 ┣ エキサイトNEWS
 ┣ ガチンコNEWS
 ┣ NEWSマックス24
 ┣ NEWSプラスα
 ┣ オンラインNEWS情報サイト
 ┣ 情報局ZERO
 ┣ REDNEWS ニュースBLOG
 ┣ エンタメ情報満載
 ┣ 最新トピックス
 ┣ 速報deニュースブログ
 ┣ 知っとこネットワーク
 ┣ ニュース総合案内所
 ┣ NEWSキングダム
 ┣ 経済チャンネル
 ┣ NEWSサーチブログ
 ┣ 話題NEWS口コミ投稿
 ┣ リアルタイムニュース
 ┣ スポーツ関連情報ブログ
 ┣ 厳選ニュース捜索隊
 ┣ 最新注意報イエローページ
 ┣ 経済情報QQタイムズ
 ┣ 得々ブログ

相互リンク集2

 ┣ 現在NEWSブログ
 ┣ 報道ブログチャンネル
 ┣ 報道クライマックス
 ┣ 情報配信ブログ7
 ┣ 芸能NEWSブログ
 ┣ 芸能速報オンライン
 ┣ 月刊NEWSブログ
 ┣ 現代情報ブログ
 ┣ ニュースファイル
 ┣ 芸能ニュースブログ
 ┣ ニュースジャパン
 ┣ THE報道特集
 ┣ 明日があるのさ
 ┣ そう言えば聞いた。
 ┣ 個人的な価値観ブログ
 ┣ 信じられません。
 ┣ とても身近に思えない。
 ┣ 話題になった出来事
 ┣ バリュー情報通信
 ┣ レッドペーパー倶楽部
 ┣ 世の中の出来事通信
 ┣ 報道ブログマート
 ┣ サイドステーション
 ┣ 今月の気になる出来事
 ┣ 報道ブログハウス
 ┣ NEWSエアーライン
 ┣ ブログウォッチ24
 ┣ ニュース情報ネット
 ┣ 芸能ジャパン
 ┣ BlogNews
 ┣ いろいろ相談ブログ
 ┣ どうなんでしょコレ?
 ┣ こういう事かっ!
 ┣ 最近の身近な話
 ┣ どうでもよくない話
 ┣ 伝えきれない事実
 ┣ お悩み解決ブログっす
 ┣ 快活な生き方
 ┣ コチラお役立ち情報局
 ┣ ライフバイブル
 ┣ Its 暮らし特集ブログ
 ┣ 現代生活応援通信
 ┣ 暮らしステーション
 ┣ ラブリーライフクラブ
 ┣ 生活改善ブログ
 ┣ 庶民の暮らし応援
 ┣ リフレッシュ宣言ブログ
 ┣ 平凡的な市場
 ┣ 明日ご褒美
 ┣ 気になるあの子の豆知識

RSSリンクの表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気アイドルグループ・AKB48が27日、東京ドームシティホールで4日間にわたって開催された『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013』の最終公演を行い、ファン投票25位から1位までをカウントダウン形式で発表した。大島優子初のセンター曲「ヘビーローテーション」(2010年8月)は3連覇ならず。代わって、昨年10月末に解散したチーム4の「走れ!ペンギン」が大番狂わせを演じて1位となり、「楽曲選抜総選挙」とも言われるイベントでも世代交代の波を感じさせる結果となった。波乱の連続の締めくくりは、「走れ!ペンギン」の1位だった。織田哲郎氏が作曲した同曲は、2011年6月に発足し、昨年10月末に解散したチーム4唯一のオリジナル曲。解散を惜しむファンの団結によって3ヶ月ぶりに集結した次世代エース候補生16人は、ペンギンの衣装でハツラツと歌いきった。観客や先輩メンバーたちから「おめでとう」コールが飛び交うなか、同曲のセンター・島崎遥香は「もうみんなとは(一緒に)歌って踊ることができないと思っていたので、今日こうしてファンの皆さんのおかげで、みんなで集まって一緒に歌えることがすごくうれしいです」とメンバーの思いを代弁し、満面の笑みを浮かべた。2位は中国・上海の「SNH48」に移籍した宮澤佐江がセンターを務めるチームK公演曲「奇跡は間に合わない」。2011年33位、2012年24位からジャンプアップし、宮澤は「奇跡が起きましたー! ありがとうございました」と絶叫。AKB48初期に振り付けを担当していた恩師、コレオグラファーの夏まゆみ氏が花束を持って祝福に駆けつけると、宮澤のみならず高橋みなみ、小嶋陽菜、大島優子らも大粒の涙をこぼした。3位には篠田麻里子初センターのじゃんけん選抜シングル「上からマリコ」が初登場。4位は3連覇こそ逃したものの、2年以上前に発売されたシングル曲としては唯一、最終日まで残った「ヘビーローテーション」。5位には秋元才加ソロのチームK公演曲「虫のバラード」がランクインし、それぞれのファンがメンバーを思う熱い気持ちが結実した。終演後、自身のブログを更新した大島優子は「ヘビロテの三連覇は確かに『あるといいな』って心の中で思っていました」と正直な気持ちを吐露しながらも「でも、ペンギンが一位で私も素直に喜びました ペンギンが一位になったことで、チーム4の誇りと栄光になったのが、今後の彼女たちを輝かせてくれると思ったから」と祝福。「ヘビーローテーション」についても「ありがとう。。。満足行く4位です シングルが初日や2日目に出てくるようになったAKB8年目、三年前に出たシングルが未だ4位。ありがたいことです」と感謝の気持ちを綴った。4日間におよぶイベントのアンコールでは、6月に横浜・日産スタジアムで7万人を動員するライブを行うことも発表。自信をつけた若い力が、AKB48の新境地を切り拓く。
 

プロアクティブお試し無料サンプル
血糖値測定器
馬油の効能
護身用の道具
プーアール茶の効用,効能
 

スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。